マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   

映画『カメラを止めるな!』の私的な感想―止まらない青春ゾンビ映画が生んだ奇跡のワンカット―(ネタバレ殆どなし!)

f:id:maribu1125:20180724033129j:plain

ONE CUT OF THE DEAD/2017(日本)
監督・脚本・編集:上田慎一郎
出演:濱津 隆之、
真魚、しゅはま はるみ、長屋 和彰、細井 学、市原 洋、山崎 俊太郎、大沢 真一郎、竹原 芳子、浅森 咲希奈、吉田 美紀、合田 純奈、秋山 ゆずき

 ゾンビ映画をテーマにしたC級コメディー? 

・・正直、この手の映画は最初あまり見る気にはなれませんでした。。

前評判からゾンビ映画をテーマにしたコメディーと聴いてしまっていたので、B級どころかC級?な匂いもして邦画ゾンビ映画を全く信用していない自分としてはちょっとどうかと・・

ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾として、無名のスタッフ、キャストを寄せ集めて作られたこの映画は、チープなタイトルもさることながらこの原画タッチのポスターにもどうしても眉を潜める事しか出来ず・・

それでも何時の間にか口コミが広まり、数々のシネコンで『ジュラシック・ワールド/炎の王国』『万引き家族』を抑え、観客動員数がまさかの第一位になる大絶賛作品に・・・!

 

ここまで来るとひねくれ者の自分は意固地になって、「逆に絶対に観ない!」なんて心に難く誓っていたのですが、それは尊敬する某監督からの一言で一瞬にして崩れ去りました。。。

 

「あの映画を映画人が観ないのはちょっとさみしいね・・」

 

その彼の苦笑いが忘れられず、節操もなく直ぐに回心転意。。

当日券では満員御礼、久方ぶりに予約チケットまで手配してようやく観賞しましたが、、

 

彼の言葉の意味が痛いほどよく伝わりました。。

 

ワンカット37分にも及ぶ冒頭の長尺のカットの間、終始斜に構えていた自分でしたが、

劇場を出る時には、溢れる涙を堪えるのに必死です。。。

 

但し、この映画だけは感想そのものがネタバレになってしまうというちょっと変わった作りの作品なので、駄文ですが、今回は簡単な解説と観賞時の心情のみを綴ってみます。

この映画をまだご覧になってない方には、少々情緒不安定に感じられてしまうかもしれませんが、何卒お付き合い頂ければ幸いですm(._.)m

www.youtube.com

 

 

 

―――とある山奥の廃施設でゾンビ自主映画の撮影に精を出すクルー。
監督は主演女優の演技に満足がいかず、テイクを重ねる事42テイク。。
苛立ちが募り、その場を立ち去る監督。。
やがて悲壮感漂う女優とゾンビ役の青年は、メイクさんから彼らの撮影場所に纏わる怪談を聴かされる。
すると、ドアの外には本物のゾンビが・・・!

f:id:maribu1125:20180724055933j:plain

 監督の描きたかったこと 

単刀直入に言ってしまうとこの映画が大ヒットした原因は、

誰しもが必ず口コミをしたくなってしまう事

にあります。


それは監督を含めた制作陣の正に意図したとおりなのですが、案外打算的な匂いは感じません。

 

それは何も増して、制作者たちの並々ならぬ情熱がスクリーンからたっぷり伝わってくるトコロ。

 

狭義で言えばそれはただの映画愛なんですが、俯瞰で見れば、

何かを一生懸命貫いた事のあるヒトにとっては忘れられない青春。

な気がします。

それはスポーツでも勉強でも、会社の仕事にでも共通して言える事。

どんな現場においても、直向きに努力し続けた苦労は必ず目に見えるカタチで誰かに伝わるとは限りません。

だいぶ訳が分からないかもしれませんが、上田監督がこの作品で伝えたかった事はそんなニッチでキッチュな自分だけの特別な時間をゾンビ映画の制作過程になぞらえ描きたかった気がしてきます。

f:id:maribu1125:20180724060136j:plain

 タイトルの意味 

結局もうネタバレしてしまっていますが、つまりこの映画はゾンビ映画ではありません

多少のスプラッターや造形はありますが、それは予算のないお化け屋敷のそれと大差なく、多少の怖がりでも目を背ける程ではないでしょう。

物語の軸はゾンビ映画を作っている人間たちの舞台裏と、閉塞感の中悶々と抱えている彼らの生の声です。

そんな彼らのドキュメントが重畳的に折り重なり合い、情熱に憑りつかれたすべての出演者たちが最後に巻き起こす奇跡。。

この緻密に練り上げられた監督の作戦が、37分間の長回しのワンカットの中に散りばめられた数々のフェイクを愛情を持ってすべて回収する様に観客は心を持っていかれます。

 

『カメラを止めるな!』というチープなタイトルもきっと監督の作戦なのでしょう。

それは隠喩的に、子供の頃追い求めていたあの青臭い青春を止めるな!と観客に彼が訴えかけている様に自分には感じてきます。

 

観賞した渋谷の映画館では、178席の客席が平日の昼間にもかかわらず超満員。

通路に座るカップルから老夫婦まで、会場は後半になるにつれ次第に爆笑の渦に包まれ観客席が揺れるほど。

感情を表に出す事が苦手な自分たち日本人が、あそこまで一体感に包まれる経験はあまりに久しぶりです。

 

それはまるで『ニューシネマパラダイス』の観客の一員に自分がなったかの様に・・・

 

2018年8月現在まで、アメリカ、チェコ、カナダ、韓国と海外の映画祭での上映も行われており、このムーブメントは暫くやみそうにありません。

ゾンビメイク割引生き返り割引といったユニークなリピーター獲得方法だけでなく、UDCast(ユーディーキャスト)を使ったバリアフリー上映にまで力を入れているあたりに、監督を含めた製作陣の深く強い映画愛が伝わってきます。

 

夏休みが取れず疲れが溜まっている方、昔追いかけていた夢を未だに忘れられない方。

有り体の人間関係で心がすっかり乾いてしまっている様に感じている方は、騙されたつもりで一度是非この映画を上映しているお近くの劇場に足を運んでみて下さい。

そこには、学生時代の頃の様に皆で何かを作る喜びをもう一度思い起こさせてくれる、自然体の笑い声と温かい感動の笑顔がきっと充満しているはず。。

 

因みに自分が一番感動を覚えたのは、エンドロールに出てくる37分間実際にカメラを回し続けた本物のカメラマンの奮闘ぶりです!

情熱的な映画界に興味を持って頂いた方はコチラもおススメ
www.mariblog.jp

 

「カメラを止めるな!」の上映スケジュールはコチラで確認できます。


「カメラを止めるな!」は以下のVODでも観賞できます。
最大手のレンタルと言えばTSUTAYA TV
(月額933円/無料期間=30日間)
安さを重視するならdTV(※個別課金400円
(月額500円/無料期間=31日間)
ドラマやアニメも見たいならビデオマーケット
(月額540円※ポイント込/無料期間=31日間)
新作映画も見たいならU-NEXT
(月額1990円/無料期間=31日間)
音楽や買い物も楽しみたいならAmazonプライム 
(年会費3900円※月換算325円)(※個別課金500円

/* 一覧ページのサイズ変更 */
sponsored link