マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   
  •   

映画『CRESCENT 冷たい海の底』の私的な感想―マーブルに染まる女が辿り着く海辺―(ネタバレあり)

The Crescent/2017(カナダ)/99分 /メランコリックな異色ホラー /冒頭に出てくる色彩豊かなマーブリングの映像を見ていると、始めはだいぶメランコリックな映画の様に感じてしまう。 寒々しい海と家。 更にそこに幼子を見守る母親が佇んでいると、やっ…

映画『ルパン三世 カリオストロの城』の私的な感想―我が愛しのルパン―

LUPIN THE THIRD THE CASTLE OF CAGLIOSTRO/1979(日本)/100分 /ルパンのカッコよさ /ブログを初めてようやく1年が経ちました。 感慨深い思いはいくつもあるのだけれど、PV数も収益もさして自慢できる程の事はなんにもないので、せめて生涯ベストワンア…

映画『ミスティック・アイズ』の私的な感想―女の理想を打ち砕くインモラルな田舎街―

WRECKERS/2014(イギリス)/85分 /理想的な家庭を夢見る妻の横顔 /この映画をじっくり観ていくと、クレア・フォイの表現力豊かな顔芸の多さに驚かされる。 Netflixオリジナルドラマの『ザ・クラウン』でゴールデングローブ賞を受賞してからはその頭角を…

映画『パッセンジャー』の私的な感想―オリジナル脚本に込められていた本当のテーマ―(ネタバレあり)

Passengers/2016(アメリカ)/116分 /実現できなかったオリジナルの脚本 /・・まるで手塚治虫の描いた世界の様だけど。。 Rotten Tomatoes等の映画批評サイトではすこぶる評価の低いこの作品は、私的にはちょっと考えさせられる深みのあるスペーススリラ…

映画『ドント・ブリーズ』の私的な感想―侵入者を待ち受ける白濁した瞳の男―

Don't Breathe/2016(アメリカ)/88分 /フェデ・アルバレス監督の異才 /ルーニー・マーラーの魅力を余すところなく解放したデビット・フィンチャー監督の前作には少々及ばなかったようだが、『蜘蛛の巣を払う女』を監督したフェデ・アルバレスの異才が十…

映画『隣人は静かに笑う』の私的な感想―VODで解禁された名作スリラー―

Arlington Road/1999(アメリカ)/117分 /ティム・ロビンスの瞳 /・・タイトルからすると、まるで日本に挑発的な態度をとるかの国の様だけど・・ 主演のジェフ・ブリッジスは『オンリー・ザ・ブレイブ』では主人公の親友を演じた中々の技巧派だが、無冠…

映画『無垢の祈り』の私的な感想―DVD化さえできない禁断のタブー―

Innocent prayer/2015(日本)/85分 /見えない現実 /年明け早々、またとんでもない作品を観てしまった。 胸糞、幼児虐待、R指定と三拍子揃ったこの映画が、まったりとした飽和感の残る正月の吉祥寺UPLINKで再上映されていると知って足を運んでみた。 劇…

マリブが選ぶ2018年に観た映画のマイベスト

今年観てきた映画の中から10本を厳選 /・・難解映画の感想ばかり書いていると大分疲れます。。 それでも文才のない自分のブログで紹介する映画となると、やっぱり解説がいるよーな感じのモノじゃないと誰も見てくれないので・・・ そんな憂う日々の中ようや…

映画『ROMA/ローマ』の私的な感想―記憶の底に埋もれた家族の風景―

Roma/2018(メキシコ・アメリカ)/135分 /逞しく生きる女の生き様 /・・年の瀬くらいはもう少し夢のある映画を観たかったのだけれど、またしても逞しい女の生き様をまざまざと見せつけられてしまった。。 脚本、監督、撮影、編集まで熟すこの映画のアル…

映画『アルカディア』の私的な感想―カルト集団の奇跡に魅せられた兄弟―

The Endless/2017(アメリカ)/111分 /複雑な感情の兄弟が迷い込む異世界 /原題と冒頭のインタータイトルでその世界観を殆ど説明してしまっている感は否めないが、それでもこの手の映画は割と嫌いじゃない。 複数のファンタスティック系の映画祭で賞を取…

映画『タイタニック』の私的な感想―志高のラブストーリーに隠された逸話―

Titanic/1997(アメリカ)/194分 /珠玉の名作ラブストーリー /不沈のこの名作映画が世に生まれて20年以上。 ノルウェー生まれのシセルが、漂う様にハミングするこの音色が聴こえてくるだけで、世界中の多くの人たちはその深く沈む海の底に思いを馳せられ…

映画『東京ゴッドファーザーズ』の私的な感想―クリスマスの夜にかけられる魔法―

Tokyo Godfathers/2003(日本)/90分 /イブの夜にかけられる魔法 /クリスマス・イヴの夜ぐらいは、ちょっと幸せになれるアニメを。。 米国の大手映画ファンサイトTaste of Cinemaで小津映画や黒澤作品に並んで、東京を舞台にした16本の名作映画にも選ば…

映画『バード・ボックス』の私的な感想―あれを見てしまった人間達は・・―(ネタバレあり)

BIRD BOX/2018(アメリカ)/124分 /現代社会の一片を切り取ったディストピア /『すべての終わり』に続き、Netflixがポストアポカリプス映画にも本格的に参戦し始めてきたみたいだ。 ドラマ作りはともかく、映画というジャンルにおいてはイマイチ良作の少…

映画『渇き。』の私的な感想―加奈子は天使なのか悪魔なのか?―(ネタバレあり)

World of Kanako/2014(日本)/118分 /歪なカタチの執念 /クリスマス・イブの夜から始まるこの物語は、寒い冬場に観ると少し胸が痛くなる。 ホラー映画としては少々トリッキー過ぎた中島監督の『来る』を観て、彼の本質にあるのは、やっぱりハンパない人…

/* 一覧ページのサイズ変更 */
sponsored link