マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

      
  •   
  •   

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第4話の私的な感想―マリー登場!―(ネタバレあり)

Wentwoth Season6-episode.4/2019~(オーストラリア) /冬(ウィンター)来たる /なんだかんだでスムーズに世代交代しはじめてきたウェントワース。 一番のお気に入りキャラだった彼女がいなくなってしまうのはかなり寂しいですが、まあ、名助演の彼女は…

『ウォーキングデッド』シーズン9第14話の私的な感想―成長するジュディス―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode14/2019~(アメリカ) /大ナタを振るう大改革の可能性 / ・・『ウォーキング・デッド』を見続けるテンションがかなり落ち込んでます。。。 このままじゃ、記事を書くのもなんだかしんどくなってきちゃったな。。 視聴者…

映画『運び屋』の私的な感想―老いを受け入れたイーストウッドが最期に辿り着いたもの―

The Mule/2018(アメリカ)/116分 /クリント・イーストウッドの告解 /破天荒に生きてきた人間ほど、その人生の最期を上手く締めくくろうとする。 それが贖罪の意識からくる懺悔なのは明白だが、とうとう往年の名優にして偉大な監督としての功績も上げて…

映画『ウトヤ島、7月22日』の私的な感想―史上最大の殺戮劇をワンカットで撮る意味―

Utøya 22. juli/2018(ノルウェー)/90分 /テロ事件を映像化する難しさ /この手の映画を観るには相当の気合がいる。 現に自分も一人では勇気が出せず、連れに付き合ってもらって観賞した。 77人の犠牲者と300人以上の負傷者を出したこの歴史上類を見ない…

映画『フェイク』の私的な感想―実話を元にしたオールドファッションタイプの男達の絆―

Donnie Brasco/1997(アメリカ)/126分 /どこにでもいる家庭的なイタリアンマフィア /・・映画紹介も1年を超えてきたので、これまで恐れ多過ぎて感想さえ手が出せなかった、アル・パチーノ映画をそろそろ。。 愚行を繰り返すがあまり、とうとうディズニ…

映画『セレニティー』の私的な感想―平穏の海のルールを破る者―(ネタバレあり)

Serenity/2019(アメリカ)/90分/90分 /現実では体験できないコト / ・・最近、面白い映画といい映画の違いがイマイチよく分からなくなってきた。 大勢の観客を納得させられれば面白い? 平和や人類愛なんかを訴えていればいい映画? 作り手側としては…

『ウォーキングデッド』シーズン9第13話の私的な感想―ダリルとコニー―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode13/2019~(アメリカ) /キングダムの不自然な幸せ / ・・ちょっとコワイ筋書きを思いついてしまいました。。 すっかり勘違いしてましたが、11話でキングダムが映画館に踏み入ったエピソードは、回想ではなく、ウィスパ…

日テレドラマ『3年A組』最終話の菅田将暉からの遺言。―本当の悪は個人ではなく想像力を失う事―

なんだかこの手のドラマは、無性にこっぱずかしい。 アラフォーにもなって、今更学園ミステリーなんてどれだけ中二病全開なのかなんて思われちゃうかもしれないけど・・ 何をとち狂ってか、自分は大した夢もなく青春時代を海外で過ごしてしまった為、何時の…

映画『海底47m』の私的な感想―禁断症状に陥った姉妹を襲うサメ系パニックスリラー―

47 Meters Down/2017(イギリス)/90分 /減圧症と窒素酔いの恐怖 /ディープダイビングでは、1分間に18Mを越えないように浮上していかないといけないというルールがある。 これはダイビング経験者にとって生死を分けるポイントであり、麻痺や呼吸困難、場…

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第3話の私的な感想―フランキーの希望―(ネタバレあり)

Wentwoth Season6-episode.3/2019~(オーストラリア) /真実を探して /フランキーの顛末もさることながら、イマイチパンチにかけるウェントワースの懲りない面々を今後牽引していきそうなリダとルビーの新章も気になります。 でもこの二人、似ているのは…

『ウォーキングデッド』シーズン9第12話の私的な感想―ベータの危惧―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode12/2019~(アメリカ) /ウィスパラーズの謎 /いよいよウィスパラーズの実態が描かれそうです。 前回のエピソードで、エゼキエル達が向かった映画館に残されていたマークは、果たして彼らのものなのか・・? 赤字で描か…

映画『岬の兄妹』の私的な感想―タブーの限界にまで挑戦した役者魂と映画愛―

岬の兄妹/2018(日本)/89分 /役者魂と映画愛 /変わり映えのないポリコレ感満載の『グリーン・ブック』のエンドロールが流れるや否や席を立ち、“映画の日”にどうしてももう一本観ておきたかったのがこの作品。 演技バカ松浦裕也の久しぶりの新作とあれば…

映画『ギルティ』の私的な感想―想像力はどこまでが善で悪なのか?―

Den skyldige/The Guilty/2018(デンマーク)/88分 /ワンシチュエーションスリラーで見せる人の業 /ワンシチュエーションスリラー映画としては久々の大傑作。 人の持つ善意の裏で蠢く業をくっきりと浮かび上がらせてくる。 『フォーンブース』等に代表…

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第2話の私的な感想―リタとルビー―(ネタバレあり)

Wentwoth Season6-episode.2/2019~(オーストラリア) /姉妹 /・・そういえば、フランキーのゴールって何なんでしたっけ・・? 1年近く時間が空いちゃうと、アラフォーの脳みそではストーリーを思い出せませんw たしか、フランキーをしつこく追いまわし…

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第1話の私的な感想―脱獄囚フランキー―(ネタバレあり)

Wentwoth Season6-episode.1/2019~(オーストラリア) /白紙 /仕事のストレスから逃避癖を続けVODを見漁っていたら、なんかこっそり始まってましたw 前回のラストから早9ヵ月。 『ウォーキング・デッド』の悲惨な末路のおかげで、最近テレビドラマにか…

『ウォーキングデッド』シーズン9第11話の私的な感想―アルファとリディア―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode11/2019~(アメリカ) /決意 /前回のエピソードでケリー達が漏らしていた、マグナ達がやってきた場所がちょっと気になったので調べてみました。 “コールポート”と呼んでいたその場所が実存する街の名前だとすると、ペン…

映画『インポッシブル』の私的な感想―津波に飲まれた楽園で込み上げる情動―

Lo Imposible/2012(スペイン)/113分 /大地震の前兆 /”スーパームーン”と聴くと、どうしても大地震を連想してしまう。 直接の因果関係は立証されていないにせよ、強まった月の引力は活断層になんらかの変化を与えてきそうだ。 この映画の元となる2004年…

『ウォーキングデッド』シーズン9第10話の私的な感想―アルファ達の過去―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode109/2019~(アメリカ) /操られた記憶 /『ウォーキング・デッド』も今年でいよいよ9年目。 3部作での映画化の話やスピンオフシリーズ等、次々に派生していくアポカリプスな世界はまだまだ今後も途切れることなく続き…

映画『告白』の私的な感想―命の重さを伝える最後のホームルーム―

Confessions/2010(日本)/106分 /暴力のない世界 /暴力を受けた事のない子供が最近やけに増えている気がする。 アラフォー世代の世迷い言の様に聴こえるだろうが、ネット上の匿名で誹謗中傷が横行する現代では、自分達の頃とはあきらかにその性質が変化…

映画『デイ・アフター・トゥモロー』の私的な感想―現実に近づく地球氷河期―(ネタバレあり)

The Day After Tomorrow/2004(アメリカ)/124分 /王道のディザスタームービー /ゾンビモノ映画に次いで自分が欠かさず毎年チェックしているのは、実は災害をテーマにしたディザスタームービー。 近年ではその陳腐なドラマ性のおかげですっかり見る気が…

映画『ファースト・マン』の私的な感想―アームストロング船長の空白の時間―

First Man/2018(アメリカ)/141分 /人類で初めて月に降り立った男 /“宇宙飛行士”という肩書には、無条件で惹かれてしまう。 それは夢想家の自分にとっての見果てぬ夢であり、永遠の憧れ。 宇宙モノ映画はそれだけで意識を幻想空間に飛ばしてくれるが、…

『ウォーキングデッド』シーズン9第9話の私的な感想―ウィスパラーズの少女リディア―(ネタバレあり)

The Walking Dead Season9 Episode9/2019~(アメリカ) /死人の正体 /再開しました!シーズン9後半。 私的には一番お気に入りのドワイドが、フィアーの方に転勤する事が決定しちゃったのでなんだか気が抜けてしまってますw あっけなく死んじゃったジー…

『ウォーキング・デッド』シーズン9の新キャラを日本人で勝手にキャスティング!【第二弾】『FTWD』シーズン4からのニューカマーも!

・・ミショーン役のダナイ・グリラの降板ニュースが舞い込んできても、殆どショックさえ受けなくなってきた今日この頃。。 明日に『ウォーキング・デッド』シーズン9の再開を控え、降板リーク情報で視聴者を繋ぎとめようとする海外ドラマの裏事情が垣間見え…

映画『ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー』の私的な感想―禁忌に触れた者達の殺戮ショー―

Velvet Buzzsaw/2018(アメリカ)/113分 /牙をむく芸術 /芸術家を目指す人間は、意外にもマッチョが多い事を皆さんはご存じだろうか? ダウンタウンの松ちゃんやGacktなんかもその類で、自分の回りにもストイックに筋トレを欠かさない連中は大勢いる。 …

映画『迫り来る嵐』の私的な感想―香港返還の裏を描いたアジアン・ノワール―

暴雪将至/THE LOOMING STORM/2018(中国)/119分 /現実と妄想が交差するノワール /重苦しいテーマの映画は随分見てきたつもりだが、今回のは結構堪える。 腹の底に染み入ってくるかのようなその冷たさは、社会主義国家の底辺で蠢く人達の地鳴りの様な叫…

映画『愛の渦』の私的な感想―裏風俗の闇の中で蠢くヒトのホンネ―

愛の渦/2014(日本)/123分 /曝け出した性欲 /・・あまりにも情けない新井浩文の逮捕に動揺が隠し切れないでいる今日この頃。。 彼ほどピュアな悪役を見事に演じきれる俳優は日本にはそうはいない。 そんな彼が慙愧に耐え、何時か必ず芸能界に復帰してく…

映画『バーニング』の私的な感想―村上文学で「僕」が抱えていた事―(ネタバレあり)

Burning/2018(韓国)/148分 /韓国人の感情 /エンドロールが流れた瞬間、唸ってしまった作品はかなり久しぶりだ。 村上春樹の世界にどっぷりハマっていたあの頃を、懐かしく思い出す。。 低迷を続ける『ウォーキング・デッド』から、結果だいぶ上手く卒…

映画『サスペリア』の私的な感想―リメイクされた本物のモダンホラー―(ネタバレあり)

Suspiria/2018(アメリカ、イタリア)/152分 /本当の狂気 /ホラー映画のリメイク物は大抵駄作に終わる。 それは恐怖の根本を蔑ろに、進化した映像処理に依存してしまう自分達の悪癖でもある。 78年のホラーの生みの親ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』に…

映画『ポーラー 狙われた暗殺者​』の私的な感想―グラフィックノベルから飛び出すダンディズム―

Polar/2018(アメリカ、ドイツ )/118分/111分/120分 /マッツ・ミケルセンの艶 /マッツ・ミケルセンという俳優をこの作品で初めて知ったのだが、『孤狼の血』を観たあたりから、年甲斐もなく粋でポーカーフェイスなチョイ悪オヤジに憧れを抱き続けてし…

映画『バハールの涙』の私的な感想―戦場の女達が託す尊厳と希望―

Les filles du soleil/Girls of the Sun/2017(スイス、フランス、ベルギー、ジョージア )/111分/120分 / 実在のモデルとIS /ドキュメントのような悲壮感がたっぷり漂う作品だった。 中東の女達の悲鳴にも似た叫び声がしっかりと聴こえてくる・・

sponsored link