マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   
  •   
  •   

映画『ギルティ』の私的な感想―想像力はどこまでが善で悪なのか?―

f:id:maribu1125:20190301051427j:plain

Den skyldige/The Guilty/2018(デンマーク)/88分
監督:グスタフ・モーラー
主演:ヤコブ・セーダーグレン/イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー

 研ぎ澄まされる聴覚

ワンシチュエーションドラマとしては久々の大傑作

人の持つ善意の裏で蠢く業をくっきりと浮かび上がらせてくる。 

 

近年では『ロスト・バケーション』等に代表されるワンシチュエーションスリラーは、まずその緊張感をいかに持続させたまま、更にそれを盛り上げてくるかが常套手段だか、この作品ではそこに聴覚を研ぎ澄ませた男の自尊心を組み合わせたドラマに仕上げてきた。

それはウォーターサーバーから漏れる空気音だったり、コップの水の中で溶けだす錠剤の音だったりするが、この時点で観客は男の持つ繊細な能力に魅せられていく。

実際、劇場内では『クワイエット・プレイス』並の静けさが保たれ、暗黙の了解の内に聞き耳をそばだてる連帯意識が生まれていたが、そんな主人公の男の目線とリンクさせられてしまった瞬間から、観客は自分達が『ギルティ』=罪を犯している事自体をも忘れさせられてしまう。。

 

スウェーデン生まれのグスタフ・モーラー監督は、デンマークの国立映画学校を卒業した新進気鋭の若手監督だが、この作品が初の長編デビュー作とは思えないくらい、人の心の機微を映像に移し替えるのが非常に上手い。

登場する役者は一人ではないが、オペレーターという精神的な密室空間を巧みに作り込み、そこで起こる数時間の内の緊張と緩和、更に俳優の額に滲む汗や電話越しの相手の声色なんかにも、微妙な変化を織り交ぜている。

ハリウッドではジェイク・ギレンホールがあっという間にこの作品に惚れこみ、彼自身が製作と主演を兼ねて早々にリメイク化が決定したようだが、この手の閉鎖的な空間の中で切り取られたそれぞれのカット、サイズ、アングルは、紛れもなくグスタフ・モーラー監督の持つ一際際立った感性で描かれている為、きっとその手法は誰にも真似できないだろう。

 

 

 

 

あらすじ
緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。
そんなある日、一本の通報を受ける。
それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。
彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。
車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。
微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。
Filmarksより抜粋

f:id:maribu1125:20190301051453j:plain

 想像力の是非を問う

密室で繰り広げられるワンシチュエーションドラマと言えば、自分にとってやっぱり忘れられないのはトム・ハーディが孤独な男の一晩を見せてくれた『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』だが、今思えばこの映画は父親とのれっきとした確執でもない限り、中々この感覚は人には伝わりにくい。

その点、この作品の主人公アスガーには、同じような胸の内に秘めた闇を抱えながらも、万人に共感できる部分が多い。

 

顔の見えない相手を想像する電話という媒体には、誰もが一度は必ず何らかの間違いを犯した経験があるであろう不安要素を秘めている。

更にそこに感情なんかが乗っかってしまうと、人は自然に自分に有意な環境を作り出そうとしてしまう為、何かとトラブルに陥りやすい。

そんな危機管理意識から編み出されたLINE等のソーシャルメディアの発達により、自分達は気づかない間に相手の状況を鑑みる事を無視してしまっているが、もしそれを業務として行わざるを得ない警察官にスポットを当ててみたら・・

それをリアルタイムで映し出すスリラー的な緊張感と、事件解決を目的としたサスペンス要素との融合が、正に化学反応を起こしたと言っても過言ではないくらい。

 

つまり相手を想像する事は、どこまでが善で悪なのか?

 

境い目の極めて難しいこの種のテーマに、真っ向から勝負を挑んできた監督の想像力はかなり秀逸だが、臆病風に吹かれやすい日本人、或いは近年急成長を遂げるテレアポ業務なんかの経験がある方には、酷く分かりやすい感覚だろう。

 

そして観客は、

自分ならそこまで・・」とか、「仕事に私情は挟まない」なんてケチをつけながらも、アスガーの持つ過剰な正義感に目が釘付けになる。

 

それは、万人が忘れかけようとしている、他人に対する消せない本物の優しさだから。。

 

そんな僅かな希望の光をも見事に裏切ってくる顛末には、幾分食傷してしまうかもしれないが、監督はそこら辺の回収もきっちりと忘れない。

 

ラストにはその鋭い見識をも見事に打ちのめされるアスガーが、携帯から最後にかける電話の相手を皆さんにも想像してもらいたい。

監督がこのサスペンスに潜り込ませたメッセージが、タイトルそのままの罪の意識であるとするのなら、その相手は、一晩の内に抱え込んでいた贖罪の意識から解放された男が、必ず手を指し伸ばしたくなる最愛の相手以外、他にありえないだろう。

 

「ギルティ」の上映スケジュールはコチラで確認できます。
www.mariblog.jp

sponsored link