マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   
  •   
  •   

映画『南瓜とマヨネーズ』の私的な感想―共依存から抜け出せない三人―

kabocyato01

かぼちゃとマヨネーズ/2017(日本)/93分
監督/脚本:冨永 昌敬
出演:臼田 あさ美、太賀、浅香 航大、若葉 竜也、清水 くるみ、岡田 サリオ、光石 研、オダギリ ジョー

 共依存から抜け出せない男女

令和最初の映画紹介は、ちょっと明るめのヤツを。。

なんて思いながらも、結局は、流行りに流されてまたナイーヴな作品に辿り着いてしまう。。

 

原作は未見だったが、この手の共依存から抜け出せない男女の人間模様を見せつけられると、相変わらず胸が痛くなる。

それが、純粋過ぎて売れないミュージシャンへの既視感なのか、自由なフリをして女心を弄ぶ男への憧れか、夢を追う男に依存する女へのエンパシーかはわからないけど。。

 

巷では、魚喃キリコの描くこの作品の原作漫画のキャラクターと実写版のキャストが、あまりに絶妙なマッチングらしい。

それもそのはず、漫画を少しパラパラとめくってみると、無機質な表情しか浮かべない中で痛々しい台詞と行間を繋ぐ思いが溢れ出ている寂し気なキャラ達は、まるで映画の絵コンテそのままの様な簡素さ。

実写化するには、そこにスクリーントーンを張る様に、薄口だが立体的な俳優陣の感情を載せればいい。

 

しかし映画を見終えると何よりも驚くのは、その世界観を忠実に再現してみせた冨永監督の表現力。

自覚なく宙ぶらりんなまま揺れ動く女心の刹那をはじめ、あまりにも見事に心の瑕疵を負った人間達を理解しつくしている彼には、絶賛を通り越して、ちょっぴり恐怖すら感じてしまうけど。。 

 

 

 

 

あらすじ
ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。
一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。
ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。
Filmarksより引用

kabocyato02

 素材と調味料とその料理人

断っておくが、自分は南瓜(かぼちゃ)が大の苦手だ。

あの甘ったるい触感、口の中の水分を奪ってゆく粘着質。

極めつけは、その固くごつごつとした異質なフォルムに、およそ食欲がそそられるとは到底思えない。

しかし、そんな南瓜に例えられたせいいちのように、女性から見る自分の印象が頭でっかちで執拗な人間だという事にふと気づいてしまうと、もうぐうの音も出せない。。

その点、マヨネーズは万能だ。

ちょっと主張は激しいが、味気ない食材を手っ取り早く見事においしくしてくれる。

 

そんな二つの共通点は、単品では中々食べずらいものであるという事。

 

劇中のツチダは、そんな頑固でとっつきづらい南瓜なせいいちを、じっくり煮込んでくれる。

時間をかけて甘みが十分に広がるまでコトコトと。。

しかし、せいいちにとってツチダは、そんな自分を美味しく調理してくれるだけの担い手であって、味が出てくる自分と同じ食材ではない。

 

そんなツチダは自分に嫌気がさし、或いは根拠のない自信を持ち続けている食材に対する憧れからか、昔好きだったマヨネーズな男、ハギオに再び引き寄せられていく。

 

それはきっと、旨味のある食材でありたかった自分を、上手く誤魔化して引き立たせてくれる丁度よい男だったからだ。

 

しかしそんなハギオは、あくまでもただの調味料でしかなく、素材がないままでは料理にすらなれない。

 

つまり、劇中の登場人物は、相容れそうなトコロにいながらも、各々が決して心ではまぐわう事のない絶妙な関係性の渦中にいる。

 

それを頑なに信念を貫き通そうとするせいいち、チャラ男だがストレートで無神経な言葉で女心をえぐり取るハギオ、そんな二人の間で何者にもなれない自分の存在価値を確かめ続ける女ツチダと、三者三様に現代人の写し鏡の様なアンサンブルを見事に切り取ってみせてくれた。

 

夢想家な男は、日常的でありふれた女を、急に手に入れたくなる時がある。

しかし、それは愛情を求めているのではなく、実態感がほしいだけ。。

 

夢を追い続けるせいいちも、女たちの心の隙間を渡り歩く事しかできないハギオも、普通の現実との乖離が激しくなってゆくに従って、自分を見続けてくれる相手が必要になっていく。

 

そんなせいいちがツチダから離れていった後に彼女に送るハナレグミの様な生暖かい歌は、ツチダへの敬意を込めた有り余る感謝の言葉ではあるけれど、彼女がその歌を聴いた後に流す涙には、嬉しさの先で気付く言い知れない寂しさが、じんわり込み上げてきた。

 

「南瓜とマヨネーズ」
以下のVODで観賞できます。

 最大手のレンタルと言えばTSUTAYA TV
(月額933円/無料期間=30日間)

安さを重視するならdTV
(月額500円/無料期間=31日間)

映画館でも安く観るならビデオパス
(月額562円/無料期間=30日間)

アニメや韓流も見たいならU-NEXT
(月額1990円/無料期間=31日間)

最新映画も見逃せないならビデオマーケット
(月額540円※ポイント込/無料期間=31日間)

見逃した国内ドラマも見るならFOD
(月額888/無料期間=31日間)

オリジナル映画&ドラマも楽しみたい方ならNetflixでも配信中。

Amazonプライム(年会費3900円※月換算325円なら会員特典で無料で観れます。

sponsored link