マリブのブログ

オススメの映画やドラマの感想を徒然に。。

  •   

映画『コンタクト』の私的な感想―カール・セーガンに捧げた宇宙叙情詩―



sponsored link
f:id:maribu1125:20180122205440j:plain

Contact/1997(アメリカ)
監督:ロバート・ゼメキス
主演:ジョディ・フォスター/マシュー・マコノヒー

 宇宙映画の金字塔

『2001年宇宙の旅』でも『ET』でも『アルマゲドン』でも『インディペンデンスデイ』でもなく、自分にとってのNo.1宇宙モノ映画と言えば間違いなくこの作品。

90年代後半のCG技術だとしても正直今一つだし、大きな賞をとれたわけでもなんでもありませんが、自分がこの作品を未だに忘れられないのはやはり「宇宙人がいるなら絶対こうであってほしい!」の一言に尽きます。

 

sponsored link

 

 

―――幼少の頃より「遠くの声を聴く」事に夢中だった少女エリーは、大人になり、その夢は宇宙へと広がってゆく。

やがて成人したエリー(ジョディ・フォスター)は、SETIプロジェクトの研究員となり日々遠くの星空に耳を凝らすが、資金繰りが苦しくなった事により計画は中断させられてしまう。
孤軍奮闘スポンサー探しに躍起になるエリーだが、大企業は投機的な彼女達の事業にどこも躊躇する。そんな中、ようやく見つけた風変わりな大富豪ハデンのバックアップの元、エリーは遂にその「声」をキャッチするのだが・・

f:id:maribu1125:20180122205352j:plain 

 カール・セーガンに捧ぐ

公開前年に死去した天文学者カール・セーガンの原作を映画化したこの作品には、それまでのような物体的なエイリアンは一切出てこないんです。

これまで様々な映画で友好的で可愛らしいタイプの宇宙人から、獰猛で戦闘的なタイプのモノまで登場しましたが、この作品に出てくる宇宙人は、ちょっと一味違います。

正に理想的、かつ情緒的と言うか・・・

それでいてスピーディーでスリリングな展開とサスペンス的な要素も加わり、封切り当時映画館で興奮が抑えきれなかった事を今でもよく覚えています。

更ににこの作品が秀逸なトコロは、宇宙に対峙しての地球、科学に対峙しての宗教が全編を通してテーマとなっているトコロ。

大多数が無宗教の日本人にとってはあまりにも理解し難い信仰の壁が、彼女たちの想いを幾度となく阻みます。

ヒトは目に見えないものを何を基準に信じるのか?

SF映画にしては少々テーマが社会的で、派手なアクションシーンやCG映像を期待している人にはちょっと物足りないかも。。

そしてなによりも僕の心に残ったのは、エリーのこの台詞、 

f:id:maribu1125:20180122205349j:plain

「so if it's just us…it seems like an awful waste of space.」

「もし、私達だけじゃ、この広い宇宙がもったいないわ」

このセリフが彼女にとってのキーワード。

英語があまりよく分からない人でも、この作品だけは強く字幕版で観るコトをおすすめします。

雰囲気だけでも十分に伝わってくるそのロマンチックさには、最後にちょっとだけ出てくる「変なジャパニーズ」を忘れてしまうくらい、きっと心がときめくはず・・・

 

『コンタクト』U-NEXT(月額1990円/無料期間=31日間)か、ビデオマーケット(月額540円(ポイント込)/無料期間=31日間)で視聴出来ます。 

sponsored link