マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   

『ウォーキングデッド』シーズン9迄を日本人で勝手にキャスティング!

f:id:maribu1125:20180312100206p:plain

 これからハリウッドデビュー出来そうな30人の日本人俳優達

・・スイマセン。。一度こうゆうのやってみたかったんです。

近年邦画業界の停滞感がハンパなく、テレビドラマから派生する劇場映画が大半を占める今日この頃。

ちょっと古い考えなのかもしれませんか、一昔前迄は映画ってもっと別物だったような気がするんですが・・

様々なしがらみや宣伝配給の側面から、思うような企画、キャスティングの提案ができずにストレスを抱える業界関係者も少なくないはず・・・。

なので今回は巷で人気のアメリカドラマ『ウォーキング・デッド』の力を借りて、全くの非営利でお勧めしたい本物な日本人俳優を一挙30人紹介してみます。

ドラマ『ウォーキングデッド』の紹介記事はコチラ


・・まあ、業界人の憂さ晴らしだと思って多めに見て下さい・・

完全に主観的なキャスティングなので賛否両論十二分に覚悟しています。。。

皆さんからの誹謗中傷、クレーム等、随時お待ちしていますm(__)m

 

※尚、バーター出演契約の気苦労から、基本的に大手俳優事務所系の役者は今回の仮想イメージキャストからはなるべくはずさせてもらっていますw

sponsored link

 


 

f:id:maribu1125:20180312194944p:plain

 おすすめ日本人俳優で『TWD』を勝手にイメージキャスト

今回自分が候補に選んだ基準は、まだハリウッドデビューをしていない個性派及び技巧派と呼ばれる日本人キャスト。

ただのルックス系アイドル、連ドラお馴染みの常連俳優等は基本対象外です。


多少俳優陣のネームバリューは考慮し序列にも気を付けましたが、若干もうブレイクしてしまっている方達もいますので、あくまでもウォーキングデッドの役に近いキャラクターというコトでイメージしてみて下さい。

大手事務所のパワーバランス等は殆ど考慮していませんので、ハリウッド資本でもない限り実現は絶対に不可能ですがw 

 

f:id:maribu1125:20181005170553j:plain
f:id:maribu1125:20181005170954j:plain

リック/唐沢 寿明(研音)

迫真の目力のある演技をする俳優と言えば、彼は日本でも5本の指に入る俳優でしょう。
役所広司や阿部寛等に比べると若干顔のホリが浅いような気もしますが、コミカルからシリアス迄幅広い演技の出来る彼は、正に情緒不安定なリックに打ってつけ。
映画畑出身ではなく、数多くのドラマ出演経験を持っている事も自分の推薦理由の一つです。
代表作/『杉原千畝』『CASSHERN』CX『白い巨塔』

f:id:maribu1125:20181005174735j:plain
f:id:maribu1125:20181005174750j:plain

カール/濱田 龍臣(フォースプリングス)

技巧派子役のイメージが強いトコロが正に、カールとピッタリの俳優です。
あどけない笑顔から柔らかい演技をする彼のイメージは、カールの雰囲気にピッタリに見えてきませんか?
代表作/『疾風ロンド』『きいろいゾウ』『ハイヒール革命!』

f:id:maribu1125:20181005182410j:plain
f:id:maribu1125:20181005182419j:plain

ダリル/木村 拓哉(ジャニーズ事務所)

ジャニーズ嫌いの筆者のこだわりをも氷解させた、技巧派俳優へと成長していきそうなみんなの嫌われ者アイドル・キムタク。
一時期の絶大な人気だった頃の肩の荷がようやく下り、最近の彼の芝居には徐々に深みが増していっています。
大人の色気も纏い始め、ジャニーズのパワーバランスが崩れたことによって、今後はスクリーンを中心にした主役以外の作品にも出演していってもらいたいのですが・・
代表作/『検察側の罪人』『無限の住人』『HERO』『2046』

 

f:id:maribu1125:20181005191418j:plain
f:id:maribu1125:20181005191426j:plain

グレン/高橋 一生(舞プロモーション)

今は亡き愛すべきグレン。。
あの優しさと逞しさを兼ねそろえた俳優は、彼が一番近いような気がします。
今のトコロどうしてもテレビ出演が多いですが、彼の生真面目なポテンシャルからすると映画業界の方があってるんじゃないでしょうか?
若干ベビーフェイスなトコロなんかもグレンっぽい気がするんですが、どうでしょう?
代表作/『散歩する侵略者』『三月のライオン』『空飛ぶタイヤ』

f:id:maribu1125:20181005194146j:plain
f:id:maribu1125:20181005194153j:plain

マギー/長澤 まさみ(東宝芸能)

映画『ロボコン』で主演デビューしてから、どうしてもあどけないイメージが先行していた彼女も、近年では台湾ドラマ等にも出演するようになった国際派女優へと成長。
独特な色気と逞しも兼ねそろえはじめ、業界内では正に今人気沸騰中です。
彼女が演じる強く悩めるマギーを観てみたい方はきっと多いと思うんですが。
代表作/『散歩する侵略者』『モテキ』『海街diary』

f:id:maribu1125:20181005195525j:plain
f:id:maribu1125:20181005195532j:plain

キャロル/木村 多江(融合事務所)

キャロル役のメリッサより一回り下なので若干若過ぎる気もしますが。。
テレビドラマの名脇役として静かにキャリアをスターとさせた彼女は、2009年映画『ぐるりのこと』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞してからは、演技派女優として有名になりました。
苦労人なキャリアも含め、線が細くも逞しい女優としてはキャロルのイメージにピッタリな気がします。
代表作/『東京島』『ぐるりのこと』『ユリゴコロ』

f:id:maribu1125:20181005202112j:plain
f:id:maribu1125:20181005202121j:plain

ミショーン/満島 ひかり(フリー)

言わずと知れた名女優に成長した彼女は、俳優としてはもはや万能タイプ。
演技力重視の監督からは、彼女の名が出ない作品はありません。
マギー、ロジータ、ジェイディスあたりでもきっと熟せますが、ネームバリューと沖縄出身の個性的な顔立ちも考慮し、ここはあえて黒人枠のミショーンで紹介してみたいと思います。
代表作/『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『海辺の生と死』

f:id:maribu1125:20181005204304j:plain
f:id:maribu1125:20181005204310j:plain

モーガン/佐々木 蔵之介(ケイファクトリー)

シェイクスピア演劇から歌舞伎まで、広く精通している彼のモーガンを叶うことなら是非見てみたいです。
上品さと奇人ぶりを併せ持つ俳優は日本人ではまだ少なく、私的には和製ゲーリーオールドマンを目指していってもらう事を願っているのですが。
代表作/『間宮兄弟』『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『超高速!参勤交代』

f:id:maribu1125:20181005212411j:plain
f:id:maribu1125:20181005212439j:plain

ロジータ/水原 希子(KIKO)

可愛らしくて色気のあるロジータには彼女がおすすめ。
アクションシーンの逞しい姿や、エイブラハムに振られた後の未練タラタラな嫉妬女もクールなイメージの彼女なら問題なく出来るでしょう。
代表作/『ノルウェーの森』『ヘルタースケルター』『進撃の巨人』

f:id:maribu1125:20181005215611j:plain
f:id:maribu1125:20181005215623j:plain

イーニッド/黒島 結奈(ソニー・ミュージックアーティスツ)

若い女優陣の中で、演技力を重視して見ていくと結構名前が挙がるのが彼女。
まだまだテレビドラマ出演が多いですが、あどけなくも個性的な芝居をする彼女の今後には、邦画業界全体が注目しています。
将来性を考慮し、是非イーニッドに。
代表作/『あしたになれば。』『サクラダリセット』『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』

f:id:maribu1125:20181005222031j:plain
f:id:maribu1125:20181005222038j:plain

アーロン/井浦 新(テンカラット)

ARATA名義でサブカル映画業界から長く注目されていたのが彼。
個性派俳優というよりは、その独特な空気感に魅了された人も少なくないはず。
優しさに溢れるLGBTっぽい雰囲気を醸し出せる俳優としては彼が一番アーロンに適役のはず。
エリックの死のおかげで伸ばし放題になってしまった彼の髭は一旦忘れて下さい(^^;
代表作/『DISTANCE』『空気人形』『光』

f:id:maribu1125:20181005224935j:plain
f:id:maribu1125:20181005224955j:plain

タラ/木村 文乃(トライストーン・エンターテインメント)

ジャニーズ枠のドラマにクールな役で数多く出演することから、世の女性達からめっきり嫌われてしまっている彼女ですが、そのタフぶりをかってタラ候補で。
芝居自体がちょっと嫌味なトコロも、彼女がそれを受け入れられればきっと大きく成長できるはず?
代表作/『伊藤くん A to E』『追憶』『羊の木

f:id:maribu1125:20181006001927j:plain
f:id:maribu1125:20181006001934j:plain

ゲイブリエル/大森 南朋(アパッチ)

映画『殺し屋1』の絶妙な芝居で一躍注目を浴びた彼は、暗黒舞踏集団・大駱駝艦主を主宰する麿赤兒を父に持つ正に技巧派俳優のサラブレッド。
今回のキャスティングの中では唯一『THE OUTSIDER』で既にハリウッドデビューを果たしてしまっていますが、私的にはどうしても入れておきたい俳優の一人なのでまだNetflixオリジナル作品のみということでご容赦下さい。
代表作/『殺し屋1』『ヴァイブレータ』『ビジランテ』

f:id:maribu1125:20181006003703j:plain
f:id:maribu1125:20181006003715j:plain

セディク/中村 倫也(トップコート)

地道な舞台での演技経験を積み、昨今急激に注目を集め始めてきた逸材俳優。
まだ30代でありながら、絶妙に陰のある芝居には業界内でもファンが急増中です。
セディクの未知数な今後の展開に期待をかけるなら、彼の才能の開花に賭してみるのも面白いかも。
代表作/『日本で一番悪い奴ら』『愚行録』『孤狼の血

f:id:maribu1125:20181006102827j:plain
f:id:maribu1125:20181006102834j:plain

アルデン/村上 虹郎(ディケイド)

UAとムラジュンという究極の遺伝子を受け継いだ二世俳優と言えば虹郎。
2014年に製作された河瀬監督の『2つ目の窓』であっという間にカンヌ映画祭で脚光まで浴びてしまった彼の才能は伊達じゃありません。
並みいるベテラン俳優にも全く引けを取らない彼の存在感は、シーズン9以降でその動向が注目されるアルデンを演じさせても、全く遜色なく活躍してくれるでしょう。
代表作/『ディストラクション・ベイビーズ』『武曲 MUKOKU』TBS『この世界の片隅に』

f:id:maribu1125:20181006110002j:plain
f:id:maribu1125:20181006110010j:plain

ジーザス/山崎 育三郎(研音)

最早帝劇の顔になりつつある彼は、ニヒルで運動神経抜群なジーザスにピッタリ。
一見ジャニーズ系に見られやすいですが、実はミュージカル畑出身のかなりのたたき上げ俳優の彼がジーザスを演じてくれれば、リックとマギーの間で揺れる微妙な立ち位置もより鮮明に写るでしょう。
代表作/『レオン』TBS『下町ロケット』ミュージカル『モーツァルト!』

f:id:maribu1125:20181006112046j:plain
f:id:maribu1125:20181006112054j:plain

グレゴリー/田口 トモロヲ(マッシュ)

コミカルでニヒルなオッサンと言えば彼以外に思い浮かぶ俳優はいません。
カメレオン俳優の代名詞の彼が演じるグレゴリーはきっと喜怒哀楽に溢れているでしょう。
若干本人より身長が低いかもしれませんが、ソコはシリアスなドキュメントのナレーションまで熟す彼の渋声でカバーできるはず!
代表作/『鉄男』『PとJK』『孤狼の血』

f:id:maribu1125:20181006114122j:plain
f:id:maribu1125:20181006114128j:plain

エゼキエル/寺島 進(オフィス北野)

王から漂うはみ出し者の哀愁を表現できる日本の俳優は彼以外に考えられません。
チープな劇団員感が隠せないエゼキエルも、町場のアニキ的存在の彼が演じればその魅力は何十倍にも膨れ上がるでしょう。
少しずつ人間味が増していく中で、寺島さんが演じてきた様な非業の死を遂げるとしても・・
代表作/『BROTHER』『DISTANCE』『土竜の唄』

f:id:maribu1125:20181006120703j:plain
f:id:maribu1125:20181006120711j:plain

ジェリー/勝矢(LDH)

彼を知っているヒトはちょっと少ないかもしれません。
が、数多くの映画で個性的な脇役を熟す、業界内では知る人ぞ知る正に超技巧派俳優。
巨漢で優しさ溢れる本人の印象は、役というよりジェリーそのものな気がします。
オランダ人の血が混じっている為ちょっと日本人離れしていますが、自分以外にも彼をキャスティングに必ず入れておきたい人間は、実はかなりいる俳優です。
代表作/『テルマエ・ロマエ』『HERO』『孤狼の血』

f:id:maribu1125:20181008035006j:plain
f:id:maribu1125:20181008035014j:plain

ジェイディス/市川 実日子(スールキートス)

シーズン9から少し柔らかいイメージに変わったジェイディスことアンは彼女で。
姉の実和子に負けず劣らず技巧派に成長しつつある彼女は、佇まいやどこか寂しさを纏う演技もジェイディスのそれにそっくりな気がしてきませんか?
代表作/『シン・ゴジラ』『三度目の殺人』『羊の木

f:id:maribu1125:20181008042218j:plain
f:id:maribu1125:20181008042223j:plain

ニーガン/佐藤 浩市(テアトル・ド・ポッシュ)

幻の映画『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』で85年に実はハリウッドデビューを果たしていますが、日本公開されかなった作品という事でご容赦を。
ニヒルなダンディズムを追求していくと、どうしても彼が頭に浮かんできます。
ニーガンのライダースが似合う50代の日本人俳優って中々イメージが湧きませんが、実はヘヴィメタ好きの彼ならきっとそこら辺も無理なく着こなせるでしょう。
何よりも、このキャストのラインナップで彼がエンドロールのとめに入ると、そのインパクトは絶大です。
代表作/『GONIN』『64(ロクヨン)』『愛を積むひと』

f:id:maribu1125:20180304001957j:plain

ドワイド/村上 淳(ディケイド)

まさかのセディク役村上虹郎との親子共演ですが…
インディーズ映画から大作の助演まで何でも熟せる我らがムラジュン。
本当はもうちょっとビックネームを想定しましたが、雰囲気や経験値も含め、切ない裏切者というドワイドの微妙なキャラクターを任せられるのはやっぱり彼なような気がします。
今後の展開によってはオイシイ役にもなりそうなので、ここは彼に任せます。
代表作/『希望の国』『グラスホッパー』『パンク侍、斬られて候』

f:id:maribu1125:20180304002024j:plain

サイモン/安田 顕(クリエイティブオフィスキュー)

ヤスケンこと、気さくなキャラで有名な彼にお願いしたいのは敢えての悪役サイモン。
彼自身昔は結構な悪役も多かったのですが、今ではすっかりテレビドラマの名脇役になってしまったので、ここは敢えて原点回帰というコトで。
タレント経験もある彼の本来のやんちゃな性格は、きっとサイモンの鬱屈したガキ大将キャラにちょうどいい気がします。
代表作/『愛しのアイリーン』『HK 変態仮面』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

f:id:maribu1125:20180304002048j:plain

ギャビン/滝藤 賢一(エージェントオフィスタクト)

もう本家からは退場してしまいましたが・・
私的には憎めなかったギャビンのキャラは、思い返せば彼が演じるテレビドラマの役を彷彿させていたような気がします。
個性派俳優として大分世間の認知度が高くなってきた彼ですが、本来のうらぶれたチョイ悪キャラは正にギャビンに適役。
代表作/『ゴールデンスランバー』TBS『半沢直樹』『孤狼の血』

f:id:maribu1125:20180304002116j:plain

ユージーン/塚地 武雅(ドランクドラゴン)(プロダクション人力舎)

決してデブキャラだからだけなわけではありません。
2007年、『間宮兄弟』で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞してから彼の俳優としての需要は現在急上昇中。
芸人としては意外にもインテリで、微妙なカッコをつけた芝居なんかもユージーンのイメージに結構合っている気がします。
代表作/『間宮兄弟』『くろねこルーシー』『げんげ』 

sponsored link

 

 ~番外編~シーズン9の新キャストも勝手にキャスティング

シーズン8の今後の展望にあまり望みを持てなくなった著者が、妄想癖を広げシーズン9に出てくるであろうキャストもついでにキャスティングしてみました。
”フィアー”からのメンバーが流入してくるコトが最低条件ですが、モーガン転勤の為、イマイチ存在意義の分からないヴィクターは退場している設定です。
※()内は原作コミック上の役名です。

・・コッチの方が、俳優陣のネームバリューとしては豪華かも・・
 

f:id:maribu1125:20180304002137j:plain

マディソン(アルファ)/国生 さゆり(ソニー・ミュージックアーティスツ)

アイドル出身の彼女も、今では立派な熟年女優。
本人は全然可愛らしいんですが、バラエティーに進出してからの嫌われぶりで観客の目線からは彼女がマディソン候補には一番近いんじゃないでしょうか?
女傑キャラなトコロもピッタリな気がします。
代表作/『愛しのエリー』『EUREKA ユリイカ』『パッチギ! LOVE&PEACE』 

f:id:maribu1125:20180304002158j:plain

ニック/菅田 将暉(トップコート)

『あゝ、荒野』で今年度の日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞に輝いた彼は、今日本で一番勢いのある俳優です。
線が細く情熱的でナイーヴなトコロも正にニックにピッタリ。
”フィアー”では迷走中のニックも、彼が演じればきっと人気が復活する事でしょう。
ただ一番の問題は、ニックが本家『ウォーキングデッド』にどのようなカタチで合流出来るのかというコト・・
退場させるにはあまりに惜しい”フィアー”の中心キャラなので、ダリルのような新キャラとしてでも、是非登場させてほしいんですが。
代表作/『火花』『そこのみにて光輝く』『あゝ、荒野』

f:id:maribu1125:20180611071809j:plain

アリシア(リディア)/松岡 茉優(ヒラタインターナショナル)

・・スイマセン、映画『万引き家族』の熱演が素晴らし過ぎて、福田真由子からキャスト変更してしまいました。。
やさぐれたアリシアも十分彼女なら演じきれると思いますが、彼女の魅力はその圧倒的な透明感。
近年急激に力をつけ始めてきた彼女には、今後のTWDの行方を占う重要な役どころに推薦させてもらいます。
代表作/『ちはやふる』『勝手にふるえてろ』『万引き家族』

f:id:maribu1125:20180306134915j:plain

ダニエル(ベータ)/吉田 鋼太郎(ホリプロ)

狂気な中年といえば正に彼がうってつけ。
蜷川作品の常連俳優で、その骨太の演技はダニエルの異質なキャラクターにも必ず適応してくれる事でしょう。
口周りなんか、ダニエルにそっくりに見えませんか?
代表作/舞台『オセロー』『ちょっと今から仕事やめてくる』『三度目の殺人』

f:id:maribu1125:20180306134846j:plain

マグナ/二階堂 ふみ(ソニー・ミュージックアーティスツ)

今のトコロ原作にしか出てきていないキャラクターなので、ここからの二人は完全な想像で。

2012年、映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭新人賞を受賞してから演技派女優としての評価の高い彼女は、今最も世界的な活躍をしていきそうな日本人女優の一人です。
写真は若干ミショーンぽいですが、年齢も若いので期待値も込め新キャラ枠での推薦で。
代表作/『地獄でなぜ悪い』『私の男』『リバーズ・エッジ』

f:id:maribu1125:20180306135119j:plain

ユミコ/安藤 さくら(ユマニテ)

鈍牛倶楽部からユマニテという、業界内では有名な王道演技派事務所を渡り歩く、生粋の本格派女優。
本人が嫌がるのであえて伏せますが、彼女の家系も有名な個性派ぞろいです。
ユミコの設定はマグナの右腕的存在で、戦闘能力の高いクロスボウ使いらしいんですが、外国人から見る日本人のイメージとしても彼女はわりとピッタリな気がするので、唯一の日本人キャラとして本当にTWDに出られるかも・・
代表作/『0.5ミリ』『百円の恋』『万引き家族』

 

『ウォーキングデッド』は以下のVODで観賞できます。
安さならdTV
(月額500円/無料期間=31日間)
海外ドラマならHulu
(月額933円/無料期間=週間)
新作映画ならU-NEXT
(月額1990円/無料期間=31日間)

 Amazonプライム
(年会費3900円※月換算325円なら会員特典でシーズン7まで無料で観れます。

/* 一覧ページのサイズ変更 */
sponsored link