マリブのブログ

ニ匹ののら猫と一緒に随時三匹の飼い主を募集中の元帰国子女。。オススメの映画やドラマの感想を徒然に紹介しています。

  •   

『13の理由』シーズン1の私的な感想とアメリカの高校生活について(シーズン1ネタバレあり)

f:id:maribu1125:20180521062446j:plain

13 Reasons Why Season1/2017~(アメリカ)
製作総指揮:セレーナ・ゴメス
出演:キャサリン・ラングフォード、ディラン・ミネット、ジャスティン・プレンティス、アリーシャ・ボー、ブランドン・フリン、マイルズ・ハイザー

 「13の理由」のついて

いよいよ『13の理由』シーズン2が配信されました。

カリスマアイドルのセレーナ・ゴメス製作総指揮のもと、世界中のティーンエイジャーに注目を集めている女子高生の衝撃的な自殺の原因を追究していくこのドラマですが、日本人の若者には作中の登場人物はどのように写っているのでしょうか?

今回はそんなシーズン1のあらすじと感想、細かい描写で描かれたアメリカの高校生活の実態を実体験をもとに紹介していきます。

以下シーズン1までのネタバレを含んでいますので、まだ観てない方はご注意下さい。 

 



 

 シーズン1までのあらすじ

高校1年からの転校生だったハンナ・ベイカーが自殺して数週間。
表向きは平穏を取り戻していたリバティ高校で、ハンナに淡い恋心を抱いていたクレイは一人、漠然とその現実を受け止められずにいる。。

そんなある日彼の元へと届けられたカセットテープには、彼女が残した肉声でその自殺の原因が赤裸々に残されていた・・

動揺を隠し切れないでいるクレイは、親友のトニーに見守られながらそのテープを聴き進めていくが、次第に明らかになっていく様々な彼女の周りの人間達の本性を知り、苦悩が広がっていく・・・

それは十代特有の些細な心のすれ違い。。

ハンナの最初のミスはファーストキスをしたプレイボーイ・ジャスティンに携帯で撮られたちょっと恥ずかしいハンナの写真がSNSを通じて学校中に拡散されてしまった事からだった。

同じ転校生仲間だったジェシカとアレックスとは、付き合いだした二人のちょっとした悪ふざけから、ハンナに僅かなコンプレックスを抱いていたジェシカの嫉妬心に火が付き3人の友情は崩壊。
優等生のコートニーとは、二人が仲を深めていく過程で彼女の意外な性癖をカメラオタクのタイラーに盗撮されてしまった事により疎遠になってしまう。
生徒会長のマーカスや詩人のライアンからは、優等生男子ならではの彼らの自己顕示欲に利用されハンナの心の瑕は更に深まり、バスケのスタープレイヤーだったザックとは彼の幼い自己保身による躊躇が原因で徐々に距離が離れていく。

映画館のバイト仲間だったクレイにハンナは心を開きかけていた時期もあったが、初心なクレイには彼女のその若く複雑な乙女心は伝わらない。

夏休み(学期末)を迎え気分を一新、髪をショートカットにして新しい人間関係を構築しようとしていたハンナだったが、クレイに誘われたジェシカのホームパーティーで彼女は衝撃的な現場に居合わせてしまう。

それは酔いつぶれて寝ていたジェシカを犯す学園のスター・ブライスの姿。。

ブライスに恩義を感じているジャスティンは、当時自分のガールフレンドだった彼女を守る事が出来ず、それは友人だったハンナもまたしかり。。

彼女の心は更に深く傷つき、その傷心からくる正義心は新たな友情が芽生えそうだったシェリとの友情にもひびを入れてしまう。
孤独と絶望に飲み込まれてくハンナは一度は親に助けを求めるが、新規事業の立ち上げで経済的に苦しい彼らにその心の声は届かず、彼女の闇は益々広がっていく。

自暴自棄になっていたハンナが最後に辿り着いてしまったのは、ブライスの家のホームパーティー。。
孤独でナイーヴな彼女が学園のヒエラルキーに逆らえるはずもなく、ハンナもまたブライスの女遊びの餌食に。。。

完全に心を壊されたハンナは学園のスクールカウンセラー・ポーターに最後に救いの手を求めるが、可視化されない十代の闇には大人は立ち向かえず、彼女はとうとう自殺を決意してしまう・・・

 シーズン1の感想

このドラマの一番の衝撃は、あらすじにも書いたハンナに起きた出来事が全てが明らかになった後のクレイの心情

 

・・想像してみて下さい。

 

大人になると忘れてしまいがちですが、まだ全てが未熟だったあの若い頃に好きだった子の自殺を止められなかった経験を持つとその子の将来はどう変化していくのでしょうか?

 

ましてやその彼女も、自分に微かな恋心を抱いていたのだとしたら・・

 

そのトラウマは正に想像を絶する悲劇でしょう。

ちょくちょく広がるクレイの妄想の中で、彼がハンナに伝えられなかった愛の告白をした後の彼女の台詞、

「生きてる時にゆってよ・・」

には、久々に全身に鳥肌が立ってしまいました。。

このドラマはそんな十代の心の機微をまっすぐに捉え、更にそこから必死に立ち直ろうとする若者たちの姿をしっかり描写しています。

登場する若者たちには全て生々しい存在感があり、その彼らに共通するのは未だ成長過程にある未熟な精神状態の中での微かな心の揺らぎ。

運が悪かったといってしまえばそれまでかもしれませんが、ドミノの様に連鎖していくそれぞれの自信のなさが、一人の少女をゆっくりと死に追い詰めていく過程は余りに痛々しく、そしてリアルです。

 

・・思い返せば、誰もが背負っていたはずの青春の心の瑕。。。

 

儚い彼らの日常を通し、蹂躙されていく若者たちの性の実態と、現代社会の象徴とも言えるSNSの危険性を痛切に実感出来る作品でした。

sponsored link

 
 

f:id:maribu1125:20180521065405j:plain

 シーズン1で描かれていたアメリカのハイスクールライフ

『13の理由』の中に登場するアメリカの高校生活には、実体験のある方でないと少し理解しずらい描写が数多くあります。
なのでこのドラマを見るに当たって、日本の高校生活を送られてきた方には馴染みの薄いその生活を著者の実体験をもとに少し説明してみます。

①アメリカの高校

アメリカの高校は基本的に4年制で、日本での中学3年生から高校生として認知されるようになります。
それぞれを1年生はフレッシュマン(Freshman)、2年生をソフモア(Sophomore)
3年生をジュニア(Junior)、4年生をシニア(Senior)と呼称し、当たり前ですが日本のような厳しい上下関係は殆ど存在しません。
下級生からすれば先輩はいい兄貴や姉貴のような存在で、劇中ソフモアのクレイの心情を気にかけるジュニアだったジェフにその様子が見て取れます。

②開きにくいロッカー

アメリカの高校の殆どでは、廊下に各自のロッカーが用意されます。
日本で言えば自分の教室の机の中のような感覚で、生徒によって入れているモノも様々。
コツを覚えないと中々空きにくいこのダイアル式のロッカーには往々にして持ち主の性格が色濃く反映され、勉強嫌いだった自分は殆ど教科書も入れず友人たちの写真を張りまくっていましたw

③車での通学

日本人にはちょっと違和感を感じるかもしれませんが、アメリカの多くの州では16歳から運転免許の取得が可能です。
車での通学を許可されている生徒は大抵自立した教育方針の家庭が多く、経済的、地理的な状況にもよりますが、シニアまで親の送迎や自転車等で高校に通う生徒は稀です。

④新学期、ホームパーティー、マリファナの感覚

アメリカの高校の殆どは9月から新学期が始まる為、日本人の春から始まる感覚とは少し異なっています。
夏休みは6月から3ヶ月近くあり、この期間に家族での長期旅行やサマーキャンプと呼ばれる合宿に参加する生徒もいます。
ホームパーティーの感覚は日本で言えば合コンBBQの感覚に近いのでしょうか?
大体が親が留守の家に集まるので、万国共通で若者が羽目を外し過ぎる事もしばしば。
日本では完全にタブー視されているマリファナも、殆ど煙草を吸う感覚で吸っているアメリカの高校生も結構実在します。

⑤スクールカーストの実態

『13の理由』の中核にある関係性です。
これが理解できていないと、ストーリー上の若者たちの心情がちょっと察しづらいかもしれません。
日本の学校でも感覚的に残る“足の速い子はカッコイイ”的な上下関係が、アメリカの高校には如実に存在します。
一般的には主にアメフト、バスケ、野球部等の体育会系の生徒はジョックス(Jocks)と呼ばれ、それ以外の文化系生徒はナード(Nerd)と呼ばれています。
一方女子の花形はチアリーダーで、学園のクウィーンになるにはここの出身が必須。
その取り巻きは総称してワナビー(Wannabe)等とも呼ばれ、学園生活がここで大きく左右されます。
ジョックスが牛耳るスクールカーストの世界では、その最下層に必ずターゲット(Target)と呼ばれるいじめられっ子が存在し、彼らの貯め込んだフラストレーションがコロンバイン高校銃乱射事件等に見られる凄惨な校内での殺人事件に繋がっていく事例も報告されています。

 

十代の目線からだけでなく、その世代の親の視点からも社会問題のいじめの実態を繊細に描写したこのドラマは、5.18よりNetflixにてシーズン2が全13話配信されています。


シーズン2第1話の感想はコチラ 

 

『13の理由』Netflixで観賞できます。 

www.netflix.com

/* 一覧ページのサイズ変更 */
sponsored link