マリブのブログ

オススメの映画やドラマの感想を徒然に。。

  •   

映画『デトロイト』の私的な感想―アメリカの深い闇、真実を追う記録映画―



sponsored link

f:id:maribu1125:20180706014217j:plain

Detroit/2017(アメリカ)
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、 アルジー・スミス、ハンナ・マリー

 黒人差別を真正面から捉えた記録映画 

先日、日本記録映画界の巨匠・藤原智子監督が死去されました。

日本の伝統文化や戦争の不条理を追い続けた藤原監督は、情緒的な中にもしっかり問題意識を織り交ぜ描いてきましたが、そんな同じ意識を持つ女流監督でもアメリカでは一味違います。

『タイタニック』『アバター』等で知られる巨匠・ジェームス・キャメロンの前妻にして、80年代にはGAPの広告塔まで務めた高身長のアメリカを代表する女流監督と言えばこの作品を手掛けたキャスリン・ビグロー

余りにエネルギッシュな切り口で社会の闇を暴き続けるその作風は、『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティー』等でも遺憾なく発揮されてきましたが、今回の作品でもそれはきっちり受け継がれています。

アニメーションから入る冒頭には一瞬眉を顰めてしまいましたが、最後まで見るとそれはデトロイトの成り立ちを知らない若者向けの彼女なりのサービスなのでしょう。

ある程度舞台の説明を端折ってでも、142分間まるごとこの問題の事件に焦点を当てたかった彼女の痛切な思いがひしひしと画面から伝わってきます。

 

タイトルでもあるこのデトロイトの街の歴史は、自分たち日本人にとっては自動車産業が盛んなエミネムの発祥地という事くらい。

しかしそんな隆盛を極めた裏に、わずか50年前この街で州兵までをも巻き込んだ大規模な暴動事件が発生していた事を若い方達はどれだけ知っているでしょうか?

www.youtube.com


この作品はその大暴動の最中に起きたアルジェ・モーテル事件という白人警官による3人の黒人の殺害事件にピンスポットを絞り、事件の生き証人達からの証言を元に作られた作品です。

自分も正直この映画を見るまではこの事件の詳細は知りませんでしたが、ヒステリックなまでに国家へのアンチテーゼを唱え続ける監督の熱量を差し引いたとしても、闇に埋もれてきた黒人差別の実態に唖然としてしまいます。

 

何かを楽しむというよりは、アメリカの黒歴史を肌で感じ取る作品。

 

特にシカゴ以東、アメリカ東部に旅行や留学をされる予定がある方には是非一度見ておいてもらいたい、白人社会に根強く残る人種差別を真正面から捉えた記録映画です。
    

sponsored link

 

―――1967年、デトロイト市警が違法酒場の摘発を始めたことをきっかけに、貧困層の黒人たちの間に暴動が発生。
不況が続く中、拠り所を失った彼らの怒りはすぐさま飛び火し、街は瞬く間に荒れ果てていく。
そんな中、地元の黒人バンド、ザ・ドラマティックスのメインボーカル・ラリーは、暴動の影響でライブが中止されてしまい街のモーテルへ仲間と駆け込んでくる。
彼らはそこで知り合った美容師のジュリーたちに連れられ、クーパーという男たちとも知り合うが、後にクーパーの悪ふざけをスナイパーからの襲撃と思い込んだレイシストの警官・フィリップたちは、一般人しかいなかったアルジェ・モーテルへ武装し強行突入を始める。

f:id:maribu1125:20180706014245j:plain

 レイシストの根底にあるもの 

はっきり言ってしまえば、この映画に際立った演出は特にありません。

それでも案外素直に観れてしまうのは、やはりキャスリン・ビグローのなせる業。

彼女は演出が上手いというより、まずその着眼点に毎回エッジをきかせています。

今回の映画も多分に漏れず、彼女が抉り取ったのは正に病んだアメリカの王道とも言うべき彼らの強い差別意識

そしてそれを表現する俳優たちの名演が随所に光ります。

レイシスト警官を演じた若干25歳のウィル・ポールターは、その独特な表情と印象的な眉毛があまりにも悪役にハマり過ぎていてちょっと生理的な嫌悪感を抱いてしまう程。

 

モーテルで黒人達と一緒に監禁されるジュリーも何処かで見覚えがあると思ったら、

f:id:maribu1125:20180706042021j:plain

『ゲーム・オブ・スローンズ』で太っちょサムの恋人ギリー役を演じていたハンナ・マリーでしたね。

彼女の役どころは実に絶妙で、黒人へのコンプレックスを内包した白人警官から彼女は売春婦扱いされます。

この時点で彼女は他の黒人たちと同等、或いはそれ以上の強い差別を受けており、暗喩的に同じ屈辱的な環境に身を置く彼らを通じ、至る所に飛び火する白人の潜在的な劣等感を監督は意図的に指摘したかったのでしょう。

 

この人種差別問題を多民族国家なアメリカ独特の他人事と捉えていると、日本人は痛い目を見ます。

 

この大暴動が一端終結した後の80年代、日本の自動車産業はトヨタを筆頭に多くの企業がデトロイトに進出。

しかしそれを憂うアメリカの大手自動車メーカーは、白人の雇用衰退の元凶が彼らにあるとした為一気に反日感情が高まり、デトロイトの労働組合は日本車を壊すイベントを企画し始めます。

その後、日本車に乗ったドライバーへのハイウェイでの発砲事件が発生し、最終的にはビンセント・チンという中国系のアメリカ人が日本人に間違われ射殺される事件にまで発展していきました。

 

つまり、、

 

『スリービルボード』でも描かれていたレイシストの根底にある選民思想は、鬱屈した自己否定の裏返しであり、それはやがて心の貧困を生みだします。。

その負のスパイラルに拍車が掛かっていった時、ブルーカラーの白人にとっての迫害の対象は黒人でも日本人でも同じ事

 

傲慢な民族至上主義に傾倒していけば、その醜さは相容れない相手への強い敵意を剥き出しにてゆき、ちょっと飛躍して言ってしまえば、それはナチスドイツによる多民族の粛清にまで繋がっていくという歴史の反芻

 

映画の最後で描かれていた、モーテルから生き残った実在の黒人の一人が、貧しさの中でも負の連鎖を断ち切って生きぬいてきた現実が、感慨深くも、酷く寂しく感じられる作品でした。

 

「デトロイト」は以下のVODで観賞できます。
安さを重視するならdTV
(月額500円/無料期間=31日間)
豊富なコンテンツを求めるならビデオマーケット
(月額540円※ポイント込/無料期間=31日間) 

sponsored link