マリブのブログ

オススメの映画やドラマの感想を徒然に。。

映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の私的な感想―後部座席の男―



f:id:maribu1125:20180204062808j:plain

LOCKE/2013(イギリス)

監督:スティーヴン・ナイト

出演:トム・ハーディ

 スタイリッシュなワンシチュエーションドラマ

夜の高速を車で走っていると、よく色々な事を考えます。

 

他愛のない事から仕事の事まで、暗闇に目を凝らし集中していると思考がクリアになていくというか、色々な事を客観的に考えられたりして自分にとっては結構気に入っている空間です。

 

それを狙ったのかどうか分かりませんが、この作品は90分間終始一台の車の中のシーンしか出てきません。

 

ボケ味好きな自分にとっては、流れていく高速のネオンの夜景がとても幻想的で、妙に心地よく最後まで見れてしまいましたが。

 

サスペンスやスリラーに分類されているようですが、この映画で描かれているのは車内でのトムハーディの心情のみ。

心理サスペンス?情緒的スリラー?とよくわかりませんが、自分にとってはやっぱりこれも人間ドラマの一つです。 

 

男女で相当賛否が分かれる作品でしょう。。

 

というのも、、

 

物語の軸は、ある男が不倫で出来てしまった子供の父親になる為、仕事も家庭もすべて投げ出しその女の元へと車を走らせていく話だからです。

 

主婦の方や新婚家庭の方には絶対おすすめ出来ません(笑)

 

でも、自分は、、

 

なんだか分かってしまうような気がします。

 

仕事終わり、夜の高速道路なんかを車で走らせていると、何もかも捨ててそのまま何処かへ行きたくなってしまう事、貴方にはありませんか?

 

もし既婚者や恋人のいる方で、この作品をひどく気に入ってしまうようなヒトがいたら、多分もうアウトかもしれません。。

 

現実逃避度が相当高いダメ男なので、女性陣は気をつけましょう。

まあ、自分もその中の一人ですが。。。

 

この作品はそんな男の逃避願望を、不倫というこれまた魅力的なテーマとを掛け合わせ、スタイリッシュな映像と現実との狭間で揺れ動く男の心情にのみ焦点を当てたワンシチュエーションドラマです。

  

f:id:maribu1125:20180204063059j:plain

仕事帰りの車中、男は赤信号で止まり何かを思い詰めている。

やがて信号が変わり、それでも動き出さない車に後続車からクラクションがならされるが、男は動じない。

そして彼は意を決し、ウィンカーとは逆の道へとハンドルを切る。

向かうは先はロンドン。

男の日常は大きく崩れ始める・・

f:id:maribu1125:20180204140634j:plain

 

 後部座席の誰か

ワンシチュエーションドラマなので少々ネタバレになってしまいますが、、

 

工事現場監督の男の一晩の運命を辿っていくこのドラマには、基本トムハーディ1人しか画には出て来ません。

 

その彼の大きな決断によって、急な大仕事を任せられてしまう部下、激怒する上司、悲嘆する妻、困惑する子供、そしてその彼の子供を産もうとしている不倫相手のいる病院からもひっきりなしに電話が鳴り続け、その車中電話の様子をリアルタイムに追う会話劇です。

 

キャッチホン一つで男の心情を場面転換し、その相手によって声色や態度も変えてゆく様は見事で、通話相手の状況、環境、心情等様々なものを想像させられる奥行き、臨場感に満ちています。

 

ワンシーンなのに忙しいその様子はちょっと滑稽でもありますが、何故か切なくなる。

 

その最大の理由は、

 

劇中、幾度か男はバックミラー越しに後部座席の誰かに話しかけます。

 

会話を追ってゆくと、多分死んだ自分の父親とのやりとりなのですが、それが何とも胸が苦しくなる。 

 

 男にとって何もかも捨てて不倫相手のトコロへ車を走らせて行くのは、何も彼女との逃避行を夢見ているわけではありません。

 

それは、男の父親に対してのトラウマ。

 

詳しい内容は映画を見た上で皆さんに想像してもらいたいですが、男は父親に対し憎悪と苛立ちを持って接しています。 

 

皆さんにはありませんか?

自分の父親に対し、あんな父親になりたくないと思ったコトは? 

 

嫌悪すればするほど自分がどんどん彼に似てゆき、反面教師のつもりが結局、同じ過ちを犯してしまいそうになっているコトが・・

 

男にとってのテーマは正にそこで、この映画はそのしがらみを自ら断ち切る為の一晩を描いた作品なんだと思います。

 

まあ巻き込まれた人間達には不幸極まりない出来事としか言い様がありませんが・・

 

 ので、やっぱり、

 

この映画は妻や彼女がいらっしゃる方は、絶対一緒に観ない事をオススメします。

 

男の身勝手なトラウマや過去に、心底同情してくれるパートナーなぞいるわけがありませんので。。

 

『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』はHuluで観れます。